ファンケルのメイク落とし、『マイルドクレンジングオイル』が無添加で肌に優しいのに濃いメイクまできちんと落ちる上に蜷川実花とコラボしてる件

美容

みなさん、メイク落としは何を使ってますか?
今のメイク落としに満足していますか?
今日は、私が使っているオススメのメイク落とし、ファンケルの【マイルドクレンジングオイル】をシェアします。

結論いきます。


無添加で肌に優しいのに、こすらなくても濃いメイクまできちんと落ちるのに以外と安い。

 

こすらなくても、しっかりメイクが落ちる

1回のクレンジングでメイクが落ちないから、何回もクレンジングオイルで擦らないといけないという経験ありませんか?

 

 

私はあります。

いや、正確に言うと、ありました。が正解ですね。

ファンケルのクレンジングを使うまでは、ですけど。

 

 

何回も擦らないと落ちないクレンジングでのメイク落とし、これ良くないです。今すぐやめて下さい。

 

 

なぜか

 

 

顔をこすりすぎて肌荒れの原因になりまし、アイライナーやマスカラがちゃんと落ちないままゴシゴシすると、
肌に色素が沈着して肌自体が黒くなっていくって知ってました?

 

シミや素肌の黒ずみの原因ですよ、、、。

 

私の経験で言えば、安ければ安いクレンジングオイルほど、この現象が起きる気がします。

特に若い人は、やめたほうが良い。

若い頃から、色素沈着しちゃうと改善するのが大変ですよ。
まぁ、肌って約1ヶ月で細胞が新しくなるので、時間をかければ改善はしますが、、、、。

 

ファンケルのクレンジングオイルは全然こすらなくてもメイクが落ちるので、ゴシゴシする必要がないから良いんです。

 

濃いメイクでも1回でいけますね。
多くて2回するするっとやれば取れます。

ファンケルのクレンジングを使うときは2プッシュくらい手に取り、優しくスルスル滑らせて下さい。
その後、サッと流せばすぐ取れます。

 

私が思うファンケルの良いところ

ファンケルのメイク落としは無添加だから肌に優しいです。
それなのに、すごいメイクが落ちる。

 

確かにこれもファンケルの良いところなのですが、色々調べて、私が感じた事は下記2点ですね。

 

・無添加な上に、日本人の肌の悩みを解決するために作られたのでで、日本人の肌に合う。

・実際に昔から使われていて、物が良くて、ここまで成長しているという実績がある。

 

こう思ったのはファンケルの工場見学に行った時に、ファンケルの人からファンケルの創業の話を聞いたから何ですよね。

ファンケルの創業者は池森賢二っていう人なんですが、会社設立のきっかけは、ある主婦から化粧品の肌荒れがひどいとの相談を受けた事から始まったそうです。

池森氏の奥さんも、その主婦と同じ肌荒れに悩んでいたそうで、1970年代後半、日本では化粧品による公害が大流行していて、池森氏はそこに着目し、大手化粧品メーカーの経営者からの意見を聞きまくって色々分析していった結果、肌荒れの原因は防腐剤や殺菌剤であることを発見するんですね。

その後、化粧品技術者と共同で防腐剤・殺菌剤や香料などを使わない無添加化粧品の製造して販売をしはじめたところ、凄まじいヒットなって、問い合わせが殺到し、その勢いでファンケルという会社の設立となったという事でした。

 

そう、ファンケルの原点は日本人の肌の悩みの解決から始まって、その原点から今までブレてないんです。

で、使ってみたらめちゃくちゃ良い。納得しましたね。
納得というか、感動のレベルでしたね。

 

人に感動を与えられる、こうゆう仕事したいもんですよ。

 

無添加なのにメイクが落ちるというクオリティと比較して価格が安い。

無添加で、メイクが1発で落ちるのに金額は1800円てめちゃくちゃ安いと思います。

 

未来の自分の肌に投資するなら全然出しますね。

 

ドラッグストアで買うよりも2倍〜3倍しますが、その価値はありますね。

ドラッグストアで売ってるメイク落としだと、なかなか落ちないんでよ。
なので何回もやらなきゃいけなくなる、肌にも負担かかるし、クレンジングオイルの量をたくさん使います。

 

結局は、肌にも悪い上に同じぐらいの金額使う事になるんですよね。

 

安いものにはそれなりの理由がある。

 

ファンケルを使った後に、他のものも試して見てますが、やっぱりファンケルに戻ってきますね。



で、今回シェアするのは、蜷川実花さんの限定モデル!

 

蜷川実花さんとコラボしたボトルがバエル

今だと限定で蜷川実花さんとコラボして真っ赤な花柄のパッケージになってます!

左のミニボトルもついてます。
ちょっとしたお出かけや旅行にちょうど良い!!

 

 

蜷川実花さんは日本を代表する写真家で、『さくらん』、『ヘルタースケルター』などの映画監督もやっています。

 

 

 

映画『さくらん』 2007年公開

 

 

 

映画『ヘルタースケルター』 2012年公開

 

蜷川実花さんの父は蜷川幸雄氏で、小栗旬さんや藤原竜也さんを育てた日本の舞台、映画界のレジェンドですね。
(何かのドキュメンタリーでみましたらむちゃくちゃ怖い人でしたが、魂がこもった仕事人って感じで感動、、、。)

まとめ

・ファンケルのメイク落とし、マイルドクレンジングオイルは無添加なのに、めちゃくちゃよく落ちるから、肌に優しい。
クオリティが高いのに以外と安価。
・限定品、蜷川実花モデル!