秋篠宮さま発言が話題になっている理由は何なのか、大嘗祭と国費の関係をわかりやすく説明。

政治

11月30日で53歳の誕生日を迎えた秋篠宮様が、天皇の即位に関する儀式に国の費用を使う事への発言で、世間がざわついていますね。

みなさんはご存知でしょうか?

これは、天皇が即位する時の儀式の性質が関係してると思ってまして、
そこにかけるお金がどこから支出されるのかという点が議論の中心なんじゃないかなと。

 

この記事では、なぜ話題になっているのかわかりやすく説明してみた。

私としては、論点が大きく3点あるなと私は思ってまして、ほど詳しく書きますが、まずは要点のみ。

まず、大前提として、次期天皇の候補者である秋篠宮様が国のお金の使い方に対してコメントするという行為そのものについてですね。

次が、新しい天皇の即位に関する行事として、外向きと内向きの行事があって、今回は話題になっているのは、内向きの行事に関するお金を、国のお金として出すのはどうなのか?ということです。

で、最後が、そもそも国が内向きの行事にお金出すってなってるけど、その内向きの行事って宗教っぽいけど大丈夫?ということですね。

 

 

秋篠宮様が国のお金の使い方に対してコメントした件

日本国憲法4条の規定では、

『天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。』

 

とされています。

天皇が政治に口出しすることは原則で出来ないことになりますね。

 

秋篠宮様は天皇ではありませんが、今回の御代替わり(天皇が変わること)後に、
次の天皇の第一候補になる秋篠宮様が天皇家の私的な行事である大嘗祭に国の費用を使うことはどうなのかと疑問視する発言をしたことで世間がざわついているんですね。

で、この大嘗祭という儀式がどのようなものかが論点の一つになってくるので、
大嘗祭の事を少し詳しくご説明します。

大嘗祭とは何か?

天皇が即位するときには内向きの行事と外向きの行事があります。

 

外向きの行事とは国民や外国に天皇の即位を周知する行事です。国として行う行事で【即位の礼】と言います。

内向きの行事は、天皇が国民の代表として神様に会いに行き、一緒に食事をして、国が豊かになるように挨拶をするという、少し宗教的な意味合いとも取れるような行事なんですね。

これは、皇室としての伝統行事で、これを【大嘗祭】と言います。

 

 

で、今回問題になってるのは伝統的な内向きな行事の
【大嘗祭】の費用を国のお金から出すのはどうなのかという事をおっしゃたことですね。

 

まずは【即位の礼】と【大嘗祭】の違いを説明してから、どこのお金を使うかの説明をしますね。

 

即位の礼と大嘗祭の違いをそれぞれ見てみましょう。

 

即位の礼(そくいのれい)

日本の天皇が、皇位を継承したことを国内、国外に知らせるための儀式で、最高の皇室儀礼となっています。

即位の礼の中にも色々な儀式があるらしいのですが、中心となるのは、【即位礼正殿の儀】という儀式のようで、外国における「戴冠式」、「即位式」にあたり、天皇になる瞬間の儀式という事になります。

大嘗祭(だいじょうさい)

大嘗祭とは、おおざっぱに言うと、天皇が即位する時、国民の代表として神様に会いに行って、食事を一緒にする儀式の事です。

この時の食事の時に使う米をどこから収穫するのかも重要で、収穫する場所を亀の甲羅を焼いて、その割れ方で決めるみたいですね。

その甲羅で決められた場所を「悠紀田(ゆきでん)」と「主基田(すきでん)」と言い、ここで収穫された米で食事を行うようです。

それ以外にも色々やるみたいですが、詳細な事は関係者しかわからないので、事細かにはどのような事をしているか私はわからないです、、、、、。

 

では次はお金のはなしですね。

なぜお金の出どころで問題になるのか

上記で説明した大嘗祭の費用を国のお金で出すのはどうなのかと言った事がなぜ話題になっているかと言うと、

大嘗祭は宗教的な行事なのかどうかという点がありますね、大嘗祭は神様と食事をしに行くという点で、それは宗教的な意味合いがあるのかどうかです。

 

もしこれが宗教なのであれば、日本国憲法20条はどうなるのかと。

 

憲法20条では「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又(また)は政治上の権力を行使してはならない」とあり、

89条では「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため(中略)支出し、又はその利用に供してはならない」とあります。

 

なので、大嘗祭は宗教的なのか、宗教的でないのか。という論点がありますね

 

さて、皇室の費用の分類についてご説明します。

 

皇室の費用は「内廷費」「皇族費」「宮廷費」の三つに分類されます。

内廷費は、天皇、皇后両陛下や皇太子ご一家の日常生活の費用。

皇族費は、その他宮家の皇族がのための費用上記2つの費用は、どちらも国(宮内庁)が管理するお金ではないのです。

 

今回、秋篠宮様は大嘗祭はこちらの費用から出すべきなのでは?ということだったのでしょう。

 

残りの1つの宮廷費は、皇室の公的活動や皇室用財産、皇居などの維持管理に必要な経費で、国(宮内庁)が管理するお金なんですね。

 

今回の大嘗祭では、こちらの『宮廷費』からお金を出すという事になっています。

 

現状だと、上記の宮廷費、つまり国の管轄のお金で大嘗祭を行うとなっている事に関して、秋篠宮様はそれはどうなんだろうか、と言った事で、政治のことに自身の意見を述べたという行為そのものが、話題になっているんですね。

 

まとめ

今回話題になっている点としては、まとめると下記になるだろう。

 ・大嘗祭は宗教的な儀式かどうかが明確ではないので、政治と宗教を分離する日本で、その費用を国費から出すことはどうなのか。

 ・天皇が変わった後、天皇の継承者第一となる秋篠宮様が国費に関する発言をした事そのものがどうなのか。

 

今回は以上です。
いかがでしょう?秋篠宮様の発言が、深い意味を持っていた事をご理解いただけましたでしょうか?