料理が美味しくなると評判のル・クルーゼの鍋を激安でゲットできたのでシェア。御殿場プレミアム・アウトレットでの購入がオススメ。

健康管理

料理が好きな人なら誰もが知っていると言っても過言ではない『ル・クルーゼ』の鍋。

評価も高いが、金額も高い。平気で2〜3万するからちょっと手が出なかった。

が。

ついにゲットしたぜ。

しかも半額以下で。

ネットで出てる最安値の価格よりも安く手に入ってしまった。

本当にいいのかこの値段で、、、、

今回買った鍋はこれ!

定価で買うと35000円くらいするんですが、、、、、、、、、、

購入金額、、、、、

14000円くらい

٩( ‘ω’ )و

どこで買ったかというと、御殿場プレミアム・アウトレットですね。

ル・クルーゼの店舗が入っていて、50%オフになってました。

更にですね、、、

その日は、更にそこから20%OFFというとんでもないセールをやってまして、ありえないくらい安くなってましたね。

時々こうゆうゲリラセールをやるみたいですね。

あまりにも安いので、鍋以外にも色々衝動買い。

カラフルな皿もゲット、

勢いでシャンパングラスも

これだけ買ってお会計、、、、、、、

23000円くらい

笑が止まりませーん。

さて、ル・クルーゼの鍋に話を戻しますが、フランスのキッチン用品ブランドです。

ル・クルーゼ社の創業は1925年。「クルーゼ」とは、フランス語で「坩堝(るつぼ)」を意味する。高熱でどろどろに溶かした鉄を型に流し込む製法を表している「クルーゼ」に定冠詞の「ル」をつけて「ル・クルーゼ」の社名は誕生したみたいですね。

北フランスのエーヌ県、サン=カンタン市郊外の小さな町、フレノワ・ル・グランに、ル・クルーゼ本社はあるようです。

ル・クルーゼの鍋を初めて使った時は衝撃を受けましたね。

料理のグレードが一段上がります。

特に大きく変わった点は下記の3つ。

①いつもと同じように作るけど、素材の臭みが少ない。

②素材に味が染み込むので、味に奥行き(?)が出て料理全体の一体感が増す。

③料理後に料理が冷めにくいから、おかわりの時に温めなおさなくて良い。

ル・クルーゼの鍋ってかなり重たいのですが、鋳物(いもの)という素材でできてるようです。

(いもの、英語: cast metal)とは、加熱して溶かした金属に流し込み、冷えて固まった後、型から取り出して作った(鋳造)金属製品。

出典:ウィキペディア

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8B%B3%E7%89%A9

鋳物は重い素材のため、使い勝手の面で言えばマイナスなように感じますが、実はこの「重さ」が調理に役立つ最大のメリット。

鍋のジャンルでホーロー鍋と言うらしいのですが、これが人気らしく、多くのホーロー鍋が鋳物(いもの)という素材で出来ていて。

鋳物でできているの鍋は、加熱すると食材にゆっくりと熱が伝わります。すると食材の表面の組織は強度を増し、煮崩れしない上に火が均一に入るため、熱の入りにムラがなく美味しく仕上がるのです。

また、ホーロー鍋は普通のお鍋と違い、表面をガラスコーティングしているためニオイや汚れが付きにくいという特徴もあります。調理後の面倒な洗い物もラクになり、さらにサビに強く長持ち、頑丈で耐久性バツグンと、上手に使えば一生ものになリ得る代物なのです!

あと、ル・クルーゼの鍋の形に特徴があり、フタの3ヵ所に細かい蒸気が抜ける部分があります。

スチームポイントというらしい。

ここから、ゆっくり均一に蒸気が抜けるため素材の雑味を外に逃がし、旨みを引き出すとの事。

色々特徴を書いたど、文章で読むとほんとかよって思うけど、実際にル・クルーゼの鍋で作って食べると、本当に違いますね。

汚れにくい

ル・クルーゼの鍋の表面はエナメルコーティングされているので汚れやニオイが付きにくく落ちやすいですね。

焦げ目をつける料理をした後でも水につけておけば大体の汚れは落ちます。

デザインが可愛い

表面のツルツルと鮮やかな色が、とっても可愛いし、インスタばえする。

色々な色がありすぎてすごい迷いますね。

皆さんもル・クルーゼの鍋をゲットしてみてはいかがでしょうか!?
生活レベルが少し上がりますよ!