ラベンダーに含まれる香り成分リナロールでリラックスできる理由。香りを嗅ぐ事で不安が緩和する事を発見。

健康管理

ラベンダーは、食品としてアイスやラベンダーから取れるはちみつであったり、アロマオイルとして利用されたり、私達の身近にあります。
このラベンダーの効果の中で特に効果があるのが「リラックス効果」です。

ラベンダーの香りを嗅ぐことによって、脳がリラックスしている時に現れるα波の波形が見られやすくなり、
自副交感神経を優位にしてくれるため、自律神経が整い、不安を緩和する作用があるようです。

今日は、ラベンダーのリラックス効果の仕組みと、活用方法をお伝えしたいと思います。

不安を緩和する成分とは

今まで、ラベンダーが不安を緩和する効果はわかっていたのですが、どのような仕組みで不安を和らげてくれるのかは不明でした。
つい最近、鹿児島大学の研究で、ラベンダーのもつ「香り」によって不安を和らげる効果があるという科学的な根拠をみつけたと発表がありました。
それは、ラベンダーの持つリナロールという成分が「香り」を嗅ぐ事によって体内に入ることでリラックス効果をもたらす事がわかりました。

リナロールが不安を和らげる効果の検証はマウスに香りを嗅がせた後の行動を見るというやり方で行われたそうです。

マウスは明るい場所が苦手な生き物で、リナロールの香りを嗅がせていないマウスは暗い場所にとどまっているのに対して、リナロールを嗅がせたマウスは明るい場所と暗い場所を行き来できるようになり、不安様行動が減っている事が確認できたとされています。

今までは、リナロールがどのようにして不安を和らげるのかは分かっていなかったのですが、今回の検証で、香りを遮断してしまうと不安効果が消えてしまうことが分かり、「香り」を嗅ぐという事で効果があるとわかったようです。

さらに良いことが、現在使われている不安を和らげる薬は、人間の運動に支障をきたす事がありますが、リナロールによって不安が和らいだ状態は運動に支障がみられなかったため、今以上に安全に不安を和らげる事ができるようになる可能性があると注目されているようです。

ラベンダーに含まれるリナロールの効果、いかがでしたでしょうか。

アロマオイルを使って効果を得る方法

仕組みは分かったとして、大事なのは、実際に生活の中にどのように取り入れるかだと思います。
ここからは、実際の生活に取り入れる方法を見ていきましょう!

アロマディフューザーやアロマランプを使う

アロマディフューザーやアロマランプなどを使って香りを楽しむのが手軽にできますね。「芳香浴(ほうこうよく)」と言うようです。
空間に精油の香りを効率的に広げることができるので、リビングや寝室などお部屋でアロマを楽しみたい方におすすめ。

アロマディフューザーには、定番人気の超音波式のほか、拡散力に優れた空気圧縮式など色々あるようです。
方法は目的に合わせて、オイルやアロマなどを活用しつつ意外と簡単に取り入れていくことができます。
ぜひ自分に合った方法を見つけてみてください。

ティッシュやコットンを使う

ティッシュやコットンにアロマオイルを2~3滴垂らして、置いておきます。
寝る前に枕元に置いたり、仕事中にデスクの前に置いておくのもありですね。
布や木製製品に精油が付着するとシミができる場合があるので、場所には気をつけて下さい。
オシャレな受け皿を用意すると見た目もカワイイですね。

オイルと垂らすものさえあればできるため、いつでもどこでもできるので楽ですよ。
私もよく利用する方法です。
仕事や育児の合間の気分転換にもなり、旅先でも役に立ちます。

あと、オイルを携帯するのもオシャレですしね。

アロマオイルは虫除け効果も期待できる

ラベンダーは殺菌作用もあるため、虫よけ効果もあります。
ベランダなどにラベンダーを置いておくことで害虫が部屋に入ってくることを予防するために使われている実例もあります。

ラベンダーのオイルは、食中毒などの発生に関わるブドウ球菌に対して高い抗菌効果があります。
アルコール消毒の代わりにラベンダーのアロマスプレーを使っても良いと思います。
抗菌と同時にラベンダーの香りも楽しめてオシャレですね!

アロマバス

お風呂の時にバスタブにアロマオイルを入れて香りを楽し
温浴効果と合わさってリッラクス効果も高いです。

全身浴

アロマオイルを浴槽のお湯に2〜3滴を落とし、かき混ぜてから入浴します。
38〜40度のぬるめのお湯10~20分程度、頭を目覚めさせたい時は42度程度の熱いお湯で短時間入浴と温度と時間を使い分けると便利です。

半身浴

バスタブに2〜3滴のアロマオイルを入れ、よく混ぜてからおヘソの少し上辺りまで浸かります。
半身浴は、心臓や肺への負担が少ないのがメリットです。
長時間ゆっくり入浴することで体の芯から温めリラックス効果を得られます。

まとめ

ラベンダーの効果と使い方いかがでしたでしょうか?
手軽にリラックス効果や不安の緩和ができるので、非常に重宝するかと思います。

日頃ストレスや不安を感じている方は、少しだけ時間を割いて、ラベンダーの香りに癒されてみてはいかがでしょうか。

 

※ラベンダー以外のアロマオイルでリナロールを含んでいるものを
いくつか上げましたので、ご参考にしていただければ幸いです。

ローズウッド 非常に多い

バジル・リナロール 多い

タイム・リナロール 多い

スパイク・ラベンダー 多い

ネロリ 多い

ベルガモット 多い

ラベンダー 多い

ラバンディン 多い

ゼラニウム 多い

プチグレン 少ない

クラリセージ 少ない

イランイラン 少ない